山崎拓巳 モリタリョウジ

山崎拓巳の教え 相手を変えない真髄とは?

拓巳さんのところには、色んな方からたくさんの相談事がやってきます。
そのときのアドバイスを聞くと、いつもシビレル答えがいつも返ってくるんです。

 

ある日、困った事が起きてしまい、僕が拓巳さんに相談した時のことです

 

簡単にまとめると、自分が悪くなくて、相手がどう考えても悪い事をした場合
一体、自分は、精神状態も含めてどうしたらいいのか?と言う内容です

 

この僕の相談に対して、拓巳さんがズバッと僕に教えてくれた答えは・・

 

「リョウジ、相手が悪ければね、自分が手を下さなくても、世間か、神様が罰してくれるから」
「そのままでいいんじゃないかな?もっと、自分が明るくなることを考えようよ?」

 

この言葉を聞いた瞬間、僕の心は大きく救われました。
ちょうど、会社の再編などもあり、人間関係で悩んでるときでした。

 

自分がナメラレている、それでは、社長しても、男としてもアカンよな!と思っていたんです。
相手から、自分の方が劣っていると思われている!と、なんとなく五感で感じたとき

 

何かしらの手段で、相手に制裁をしないと、今後の為にも、相手の為にもならない
と、僕は勝手に思い込んでいたのです思っていました。いや〜あの時は救われました

 

人は、人により、そして、言葉で救われるんだよなとも思いました
この出来事は、今でも、良く思い出します。

 

あの時、本当に変な行動に出なくてよかった!もし、行動を起こしてしまっていたら
きっと、ずっと後悔というか、僕の中でしこりが残っていたと思うのです

 

ストレスの原因の99.9%が人間関係からだと言われています。
今なら、胸を張って言えるのですが、その人間関係がよくなる為にどうしたらいいのか?
こっちの方を日頃から考えていく方が、自分にとって本当の意味でベストだと思うんです。

 

拓巳さんは「相手を変えようとしないこと」 この言葉を良く言われます。
相手を変えるより、自分が変わること、自分が相手を変える努力をしないこと

 

20代の時は、これが出来なかったのですが、この考えは生きる上で本当に大切です
当時の僕は、このお話を聞いて、とにかく実践していきました!

 

自分を変える努力は、自分への投資という考えでもあったかもしれません
講演会や、色んな本を沢山読むようにしていきました。

 

もう1つ大切だな!と思ったことが、興味がない事に興味を持つ事もはじめていきました
これをやってみて分かった事が、人生の終わりまで相手を変える努力していませんか?
そんな無駄なことをしてたら、人生あっという間なんですよね(笑)